宇治茶のはじまり(鎌倉時代)

黄檗山萬福寺門前の「駒蹄影園跡碑」

宇治茶の確立と初期の景観(室町時代~戦国時代~江戸時代初期)

「奥ノ山」茶園

興聖寺

茶陶「朝日焼」

白川地区の茶畑

稲八妻医師茶園

中宇治の街並み

宇治川

宇治橋

通圓茶屋

橋寺放生院

煎茶、玉露の誕生と新しい景観・煎茶(江戸時代前期~中期)

海住山寺

黄檗山萬福寺

永谷宗円生家

湯屋谷の茶畑、茶農家、茶問屋の街並み

湯船・原山の茶畑

鷲峰山 金胎寺

煎茶、玉露の誕生と新しい景観・玉露(江戸時代後期)

流れ橋と両岸上津屋・浜台の「浜茶」

飯岡の茶畑

宇治茶の近代景観(幕末~昭和)

多賀の「森の茶園」

童仙房・高尾・田山・今山の茶畑

上狛茶問屋街

石寺・白栖、撰原、釜塚の茶畑

笠置有市の茶畑・索道跡

宇治茶、お茶文化の継承への取組

宇治神社

宇治上神社

宇治茶手もみ茶技術

名水汲み上げの儀

茶壷口切の儀

茶筅塚供養の儀

京都府立木津高等学校付属茶園、製茶工場

京都府茶業研究所付属茶園