宇治茶の始まり(鎌倉時代)から確立(江戸時代初期)へ
~鎌倉時代に始まった宇治茶が日本一に!~

歴代将軍家の評価を得て確立した宇治茶ブランド

奥ノ山茶園

平安時代初期に唐から伝わったお茶は、13世紀(鎌倉時代)になると栂尾高山寺の明恵上人が、宇治の里人に茶の栽培方法を教え、本格的な宇治茶の生産が始まりました。
15世紀(室町時代)になると宇治茶は足利将軍家の評価を勝ち取り、日本一のお茶となりました。将軍家や管領家は宇治の7つの特別な茶園を「七名園」として、最高級の茶葉を作らせました。その一つの「奥ノ山茶園」は今も絶えることなくお茶を作り続けています。

茶の湯文化に不可欠な「抹茶」の誕生

通圓茶屋

16世紀(戦国時代)、宇治では千利休ら茶人の要望に応え、かつて宇治と京都との間にあった巨椋池に生育する葦を編んだ簀を茶畑に覆い掛け、渋みを抑えた茶葉「碾茶」を作る覆下栽培を確立。色鮮やかな濃緑色のうまみの強い日本独自の「抹茶」を生み出しました。  宇治茶はその後も織田信長や豊臣秀吉、徳川将軍家の庇護を受け、茶産地の中でも特別な地位を有し、宇治茶ブランドが確立しました。  
中宇治地区は江戸時代には幕府領となり、有力な宇治茶師の屋敷をはじめ茶問屋街が形成され、宇治橋のたもとには日本最古の茶屋「通圓茶屋」が今も旅人の疲れを癒しています。

江戸時代前期から後期
~日本独自の製法で生まれた「煎茶」「玉露」~

革新的な製法による「煎茶」の誕生と新しい景観

永谷宗円生家

17世紀中頃(江戸時代前期)、黄檗山萬福寺を開いた隠元禅師が、乾燥した茶葉に湯を注いで飲む「淹茶法」を伝えました。また、1738年、永谷宗円は、宇治田原町湯屋谷において、蒸した茶の新芽を焙炉の上で手で揉み、乾燥させるという日本固有の革新的な宇治製法(青製煎茶製法)をあみだし、色・香・味ともに優れた「煎茶」を誕生させました。
「煎茶」は江戸で大流行し、湯屋谷には、「煎茶」を生産する茶農家と問屋による集落が発達。水陸交通の要衝である同町郷之口にも、「煎茶」を扱う茶問屋による街並みが形成されました。この新しい宇治製法(青製煎茶製法)は、19世紀後半までに宇治田原や宇治などの生産者によって全国に広められ、現在の「煎茶」の基本的な製法となりました。
「煎茶」の広がりにともない、宇治田原町や和束町などの山間部でも傾斜地を開墾した「山なり茶園」と呼ばれる茶園が造成されるなど、「煎茶」の産地が広がりました。

世界的な最高級緑茶「玉露」の誕生

飯岡の茶畑

宇治の革新を求める風土はさらなる上質な茶を追求し、覆下栽培と宇治製法を結びつけ、甘みとコクの豊かな世界的な最高級緑茶「玉露」を生み出しました。また、木津川に隣接する京田辺市の小高い丘陵地飯岡でも、独自の地形を有効利用した玉露生産の特徴的な景観が広がっています。

明治以後からの近代景観
~全国ブランドとなった宇治茶。海外にも販路拡大~

輸出拡大とともに南山城地域にも茶畑が広がる

童仙房の茶畑

幕末の開港期を迎えると、「煎茶」は生糸とともに、主要輸出商品として、横浜港と神戸港を経てアメリカ市場を中心に輸出され外貨獲得に貢献しました。明治に入って「煎茶」の輸出が急増してくると、京都府南部では茶葉の産地拡大のため山間部にも茶畑が広がりました。南山城村の童仙房では高い場所にも開拓村が開かれ、山の斜面の茶畑と平地の水田が対をなす独特の景観を生みました。
また、木津川、淀川、大阪湾を経て神戸港へ通じる木津川水運の要に位置する木津川市上狛は、各地から茶葉が集まり、茶問屋街が形成されるなど隆盛を極め、「東神戸」「今神戸」などと呼ばれました。

天まで届くかのような独特の茶畑景観

石寺・白栖・撰原・釜塚の茶畑

20世紀に入ると、国内の一般家庭でも宇治の「煎茶」の需要が高まり、より大量の茶葉を生産するため、農家近くの山腹だけでなく山頂まで「山なり開墾」が行われ、和束町の石寺・撰原・釜塚などの地域を中心に、天まで届くかのような独特の美しい横畝模様の茶畑景観が広がりました。
また、昭和44年の高山ダムの建設により、茶栽培に適した気象条件を兼ね備えた代替地として選ばれたのが、南山城村の田山や高尾地区。ここでは霜害を低減するため、山の中腹から山頂にかけて天まで駆け上がるような珍しい縦畝模様の茶畑が広がり、独特の景観を作っています。